ORANGE WOLF オレンジウルフ カーボンLSD

直進&コーナリングの超安定性を実現!

僕は当初からBMWの性能は、こんなものでは無いと感じていました。
そんな中手始めに曲がるサスセッティングをORANGE WOLF サスキットによって完成しました。 そして次はいよいよエンジンパワー&タイヤのグリップをフルに引き出せる新たなLSDができないか? と考えていました。
簡単に言ってしまえばLSDのイニシャルトルクを上げていけば、自ずとトラクション性能は向上します。 ところが、ストリートでは『バキバキ』で快適性は損なわれてしまいます。しかも僕が求める物は、イニシャルトルクが10キロ以上で2ウェイであって欲しいのです。ただ極端にLSDを効かせてしまうとリアは常にロック状態に近くなり、クルマは曲がりにくくなってしまいます。ところが逆に弱めすぎてしまうとブレーキングでリアの安定感がなくなり本来のLSDの必然性がなくなってしまいます。

数々のテストを行い僕が求める全てを実現できたのが「オレンジウルフカーボンLSD」です。そのイニシャルトルクは、なんと15キロ。しかも2ウェイなのです。
リニアに効いてくれるカーボン素材(メタルデフはロックがオンオフしかないのですがカーボンの場合には滑りながらロックしていくリニアな特性を持っています)なので、トルクを上げたメタルデフのようなコーナー進入でのアンダーも全く出ずブレーキングでのリアは、まるでミッドシップカーのように安定します。
トラクションも同様で今までパワースライドしていたのが、グイグイ前に進みコーナー脱出時の速度も飛躍的に向上します。さらにイニシャルトルク15キロの恩恵で、コーナリングのみならず直線状態でも効いていますから、ただでさえ直進安定性に優れたBMWの安定度がさらに増大します。特筆すべきは、カーボンの特性ゆえ、ここまでイニシャルトルクを上げたにも関わらずストリートではタイヤを引きずることやLSDの『バキバキ』音も発生しません。結論としてBMWの持つポテンシャルを唯一スポイルしていたのはLSDが入っていないこと、純正LSDの効きが弱いことであり、今回の完成品を装着することによりさらに速く楽しく走れて安定して曲がれる究極のBMW像が浮き彫りになりました。

<<開発ドライバー 木下みつひろ>>
オレンジウルフLSDを紹介する木下みつひろ選手/富士スピードウェイにて

productnote

additional data

LINE UP