車買取の失敗談|3月に車を売る時に気を付けること!

今日は一つ、僕の失敗体験談をお話したいと思います。

車を高く売りたいと思うのは皆さん同じだと思いますが、

実はそればかりに意識が向いてしまうと

思わぬ損をしてしまう場合がありますので、

皆さんがそんな思いをしてしまわないためにも

僕の失敗を元に注意しなくちゃいけないことをお話しておきたいと思います。

 

では早速本題ですが、それは自動車税の還付についてです。

自動車税というには、

 

普通自動車税・・・月割りで還付制度がある

軽自動車・・・・・還付制度はない

 

 

これが前提となるわけですが、

僕が失敗したというのは、普通自動車を売却した時に

自動車税を無駄に負担しなくてはならなくなった!!!

という経験です。

 

先ほどの前提でも分かるかと思いますが、普通自動車というのは納税した自動車税は

その車が抹消登録された場合、還付の対象となるのです。

 

そして自動車税というのは4月1日時点の名義人が納税事務者となるわけですが、

多くの買取業者では未経過分の自動車税を還付してくれるなどの措置を取ってくれるわけです。

 

 

もうすこし分かりやすくいうならば、分かりやすく自動車税が12万円であった場合で、

車を売ったのが12月20日であったとすると

未経過分の自動車税は1月から3月までの3か月分になるかと思います。

 

つまり3万円が未経過分の自動車税になると思いますが、

この3万円分を買取業者が負担してくれることが多いので、

買取金額+3万円

を支払ってくれるというわけです。

 

 

がしかし、しかしですよ!

僕の場合は、この自動車税のシステムをまーーーったく知らなかったため、

買取業者から未経過分の自動車税の分を上乗せしてもらうことができなかったのです!!

 

もったいないですよね~。

本当に失敗しましたよ・・・。

 

まぁ相当昔のことなんで今は気にしてないんですが、

このことを知った時はそりゃぁ悔しかったですね。

 

最近では、買取業者側から教えてくれることもあるんですが、

まだまだ教えてくれない買取業者も多いわけで、

知らず知らずのうちに損をしてしまっているユーザーが多いのです。

 

僕もそうでしたが、皆さん車の買取価格をアップさせることには意識が向いているのですが、そうするあまり、こういった見落としやすい罠にはまってしまう方が実に多いのです。

 

こんなの大したことないんじゃない!?って思うかもしれませんけども、

車が売ったのが4月だった場合、1年分の自動車税をまるまる損してることになるので、かなりの損失になるわけですよ。

考えるだけでイライラがとまりませんよね!?

 

ということで、普通自動車を買取してもらう場合には、

車査定を受ける際には、その買取価格ばかりに意識を向けずに、

ちゃんと未経過分の自動車税も買取価格に上乗せしてくれるかどうか!?

買取業者に確認をしてから売る!ということに注意して売るようにしてください。

 

たかが自動車税などと甘く見てはいけません。

少しでも高く!

そして少しでも損をしない!

これが車を高く売るための秘訣となりますので、

是非覚えておいてもらえたらと思います。

 

車を高く売るには|商談

こんにちは。

今日は前回からの続きで「車を高く売るコツ」についてお話していきたいと思います。

そして車を高く売るコツの中で

今日は買取業者との商談!これについてのお話になります。

 

車を買取してもらう際は買取業者との交渉が必要になってきます。

提示された査定額でそのまま売ってしまってもいいんですが、

どうせなら少しでも高く売りたいですし、

こちらのサイトに来て下さった皆さんは

少なくとも高く売りたいと考えているかと思いますので、

この買取業者との交渉はとても大切になってきます。

 

そしてその中でも特に肝となるのが、

・いつ車を売るのか決めておく(車を売るタイミング)

・この金額なら売ってもいいというのをイメージしておく

この二つです。

もしかしたら買取金額の駆け引きをイメージしてた方は意外に感じたかもしれませんが、

その駆け引きをするのにもこの二つが大切になってくるわけです。

 

では具体的にどういうことなのか見ていきましょう!

 

〇いつ車を売るのか決めておく(車を売るタイミング)

この、いつ車を売るのか決めておくというのは、

車を買取業者に査定してもらう時点で、

 

・その日に車を売ることができるのか、

・それとも来週なら売ることができるのか、

・はたまた来月なら車を売ることができるのか、

 

このあたりをしっかり決めておく!ということです。

そして当然この中で最も良いのが「査定してもらうその日に車を売ることができる」になります。

 

車の相場というのは日に日に変わっています。

そんな中、もしも車を売るのが来週だとか来月だとかだと、

買取業者も相場変動のリスクを抱えることになるわけなので、

どうしても控えめな査定額しか出せなくなってしまうのです。

 

転勤に伴っての売却であれば、その転勤日までは車に乗っていたいでしょうし、

車の買い換えでの売却であれば、購入した車が納車されるまでの期間は車に乗っていたいでしょう。

いろんな事情があって車を売却するんだと思いますが、

高く買取してもらいたいのであれば、

すぐにでも売れるタイミングで査定してもらうのがベストです。

 

買取業者からは、まず間違いなく「実際に車を売れるのはいつなのか?」を聞かれるはずです。

この時に今日にでも売れるという状況であれば、

その日の相場の上限付近で買取してもらえる可能性があるわけです。

 

加えて、買取業者は車を買い取ることが仕事なわけなので、

今日にでも買取できるかもしれないというお客さんが来たら、

場合によっては買取相場の上限を超えて買取してもらえることだってあるかもしれません。

 

兎にも角にも、買取業者はこの「今日にでも売れますよ!」という言葉に弱いので、

今日にでも車を売れるというタイミングで査定してもらうといいですね。

 

〇この金額なら売ってもいいというのをイメージしておく

次にこれ、「売ってもいいという金額をイメージしておく」です。

 

僕も含め、できるだけ高く売りたいと考えている皆さんは、

買取業者から限界値ギリギリの高値を引き出そうと

売ってもいいという金額を言わずに査定してもらうはずです。

 

これはこれで間違いではないんですが、

ある時点ではハッキリ伝えることも重要になってきます。

つまり金額のゴール地点(売ってもいい金額)を査定前に相場を調べるなどして決めておく。ということです。

 

買取相場が100万円のところを、150万円や200万円で買取してもらうというのは厳しいものです。

次に購入予定の車を買うためには少なくとも〇〇万円で売れてくれないといけない、こんな感じでいろんな事情があるかと思いますが、

相場を大きく超えて高く買取してもらうというのは、よっぽどのことが無い限りあり得ません。

しかしながら、相場よりも多少高く買取してもらうということなら

やり方によってはできるのです。

 

商談の最後の最後で買取業者と金額の駆け引きをする際に、

あともう一押し!というところで

〇〇万円なら即決できるという金額を示せば、

買取業者も頑張りやすくなりますので、

査定額アップにつながる!というわけですね。

 

以上、今回は車を高く売るためのコツとして商談についてのお話でした。

期待はずれの内容と感じた方もいるかもしれませんが、

けっこう重要なことなので是非やってみてもらえたらなと思います。

それではまた!

車を高く売るコツ|車種や状態

こんにちは。ご無沙汰してしまいましたがお元気でしたでしょうか。

今日は「車を高く売るコツ!」

これについてお話していきたいと思います。

 

そしてその車を高く売るコツというのは細かく分けると

いろんなポイントがあるわけなんですが、今日はその中でも

・車種

・車の状態

この二つに的を当ててお話します。

 

実は、車を高く売るポイントというのは、

皆さんがお車を購入する段階から始まっているのです。

どうゆうこと?

って思った方も多いと思いますが、

 

車には高く売れるメーカーだったり、高く売りやすい車種だったりというのがあります。

例えばメーカーで言えば、やはりトヨタの車は高値で買取してもらいやすいですし、

車種に関して言えば、最近だとミニバンSUV

このあたりが人気が出ているので高値で売りやすくなります。

 

とは言え、一概にトヨタの車だから全部高く売れるとか、

ミニバンやSUVだから高く売れるというわけではありません。

各自動車メーカーによって人気がある車とあまり人気がない車というのがもちろんありますんで、その点はご注意を。

 

例えば一つ参考にお話ししておくとすれば、

日産のセレナやデイクルーズ、このあたりは日産の中でも人気の車種なので

メーカーだけで見るとトヨタ車よりもポイントが低く見られますが、

人気車種ということでリセールバリューが良くなります。

 

続いて車体カラー装備についてですが、

まず車体カラーについてはやっぱり黒(ブラック)か白(ホワイト)

この2つが高値で売りやすくなります。

 

赤やピンク、シルバーなどは比較的安くなってしまいがちなので

なるべくなら黒か白を選んだほうが良いわけです。

 

続いて装備ですが、

今はなんと言っても「安全システム!」

これですね。

 

高齢者の事故なんかもよくニュースで

取り上げられますが、それも関係してか車の安全システムを

気にする人が増えてきており、高く買取してもらう上で

大きなポイントになってきています。

 

安全システムって何?という方もいるかもしれませんが、

例えばトヨタであればプリウスで採用している、

前を走る車や、車道にはみ出した歩行者などを検知するプリクラッシュセーフティー

前を走る車と設定した車間距離を保ち、追従走行、停止、再発進などを自動化するレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

なんかがありますし、

 

ホンダであれば、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、誤発進抑制装置、後方誤発進抑制機能

スバルなら自動ブレーキや車線逸脱抑制、誤発進抑制、前車追従型クルーズコントロールといったアイサイト

日産ならサポカーSという動ブレーキ、車線逸脱抑制、誤発進抑制

こういったものがあるわけですが、

これらが装備されているとプラスポイントとなり高値で売りやすくなります。

 

これ以外の装備でも大きな画面のナビシステムや、自動ドアなど

このあたり装備や車を高く売る上で有利に働きます。

 

なので、

車を高く売るためには、車を購入する段階から

ここでお話したことに注意して車選びをしておくことが

実は大切だというわけです。

 

それから最後になりますが車の状態のお話です。

これはあえて説明不要かもしれませんが、

 

車体の傷やヘコミなんかは当然無いほうが高額査定が出やすいわけですから、

日頃の運転には注意をして大切に乗ってあげることがポイントです。

 

それからタバコですね。シートの焦げ跡はそれだけで売りづらくなりますので、

特に注意したほうがいいですし、禁煙社会が進んでいる現代では、

車内のタバコ臭があるとマイナス評価となりますので禁煙車にするなど、

日頃から心掛けておくといいかと思います。

 

ということで今日は車を高く売るコツとして、

車種と状態についてお話してきました。

次回もまた皆さんのお役に立てるお話していきたいと思いますので、

楽しみにしていてくださいね。

それではまた。

 

 

車を売る前にしてはいけないこと|車検を通してから売る

車を売る前にしてはいけないこと、続いては車検!です。

 

この車検については、けっこう迷って人が多いと思いますが、

車検を通してから売ったほうがいいのか?

それとも

そのままの状態で売ったほうがいいのか?

いったいどっちがお得に買取してもらえるのか?

ということですが、

 

結論から最初に言っておくと、

車検を通してから売ってはいけない!

です。

 

間違えてはいけないのは、

車検の残り期間が1ケ月もない車と

まだまだ残り期間がある車とでは、

当然残り期間がある車のほうが高く売ることができる!ということ。

 

でもだからと言って車を売る前に車検を通してはダメなのです!

 

はぁ~?って感じかもしれませんがその理由は簡単です。

車検を通すのにかかる費用ほど買取価格のプラス査定にはならないからです!

 

仮に車検を通すのに10万円かかったとします。

そしてその車を売ったとしても10万円のプラス査定はされずに

買取価格に影響するのは数万円程度になるというわけです。

 

つまり車検を通してから売ったら損をする!ということなのです!

もっとキツイ言い方をするならば、

車検を通すための時間も無駄だし、手間も無意味、そして損をする!

 

ということなので、車をこれから売るという方は

車検は通さずにそのままの状態で売るようにしたほうがいいです。

 

ただ、別の見方をするならば、

車を売ろうかどうしようか検討中だという方は、

車検の残り期間が少なくならないうちに、早めに売ってしまったほうが

車検の残り期間が長い分、プラス査定となるのでそのほうがお得に売ることができるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。

車を売る前にしてはいけないことシリーズの再度は車検についてでした!

車検を通してから売ると損するので気を付けてくださいね。

 

あっ、ちなみに、車検の残りが3週間で、

車を2か月後に売る予定という場合もあるかもしれませんが、

こういったケースでは車検は通してくださいね。

 

無車検状態で車を乗ることはできませんし、

万一、無車検状態で事故でも起こしてしまったら

それこそ大問題となりますので。

車を売る前にしてはいけないこと|車の自家塗装

車を売る前にしてはいけないこと!続いては車の自家塗装です!

 

どうしてもプロの塗装と比べると差が出てしまう自家塗装。

車を擦ってしまった時に「あ~どーしよ~」となってしまい、

でも板金屋さんに頼むのもお金がかかるしな~

ってなってしまうので、

節約のために自分でやってしまえ!ってなるのも分かります。

 

塗装ぐらいなら、ネット調べて

自分でホームセンターに行って、材料を調達してパテうめして、

鑢かけて、塗装して

こんな感じで簡単にできるのでやってしまう方が多いと思います。

 

でも、相手は毎日車を査定している車買取のプロです。

自分では上手く塗装できたなと思っていても、

「あっ、これ自家塗装だな」と

すぐに見破られてしまうのです。

 

そして問題は、自家塗装がマイナス査定になってしまうということで、

査定書にはしっかりと「自家塗装」と書き込まれてしまうのです。

 

費用と時間をかけて自分で塗装しても、

場合によってはマイナス査定になってしまうわけです。

 

つまり、傷がついてしまったからと言って自家塗装してしまうと、

プラス査定どころか、逆にマイナス査定となってしまうので、

自家塗装せずにそのままで査定してもらったほうが結果的には得になることが多いのです。

 

そして中でも一番避けてほしいのは、スプレー缶の塗装です。

それであればまだ、タッチペンで塗装したほうがいいのです。

 

確かにスプレー缶で塗装したほうが簡単だし、

広範囲に一度に塗装できるというメリットがあるんですが、

塗装範囲が広がってしまうため、買取業者側で補修するのにも手間となり

ほぼ間違いなくマイナス査定となってしまうので、

スプレー缶だけは避けたほうがいいのです。

 

仕上がりも雑に見えてしまうので、もしも自家塗装するのであれば、

スプレー缶だけは絶対いNGと覚えておくといいでしょう。

 

 

ということで、今回は車を売る前にしてはいけないこと第2弾として

車の時価塗装はやめよう!ということはお話しました!

 

自家塗装は時間とお金をかけるだけ無駄!

無駄というより、むしろ損をする!ということなので、

これから車を売るという方で塗装をしようかどうか迷ってるという方は、

是非そのままで査定してもらったほうがいいかなと思います。

 

くれぐれも自家塗装をスプレー缶だけでやるのは避けたほうがいいかと思います。

たとえあなたに塗装の地震があったとしても、

それは車買取のプロには高い確率で見抜かれてしまいますし、

ほぼ間違いなくプラス査定になることはありませんので、

これは覚えておくといいかと思います。

車を売る前にしてはいけないこと

このサイトでは、実際に車を売ってみて分かった車を高く売る方法や、そのコツについて書いていますので、これから車を売るという方は是非是非参考になさってみてください。

 

それではまず、今日お話ししたいことは

「車を売る前にしてはいけないこと!」

このお題についてお話したいと思います。

 

車の消耗品関係

タイヤの交換を最近したり、バッテリーを最近交換したりとかあると思います。当然タイヤもバッテリーも新しいほうが良いというのは皆さんのご想像通りです。

がしかし、これから車を売るぞという時に、これらの耗品関係を新しく交換してから買取してもらったほうがいいのか?というと

実はそうではないんです!

 

実はこのあたりは買取価格にはそれほど反映されることはなく、

むしろできてて当然!くらいの感じだからです。

 

関係してくるとすれば、タイヤのワイヤーがむき出しになるくらいすり減っているとか、

エンジンがかけられないくらいバッテリーが弱ってたりすると買取価格の減額につながることはあるんですが、

例えば、タイヤの新商品が発売されたからといって、そのタイヤに交換したからといってプラス査定になるということはないんです。

実はこれ、昔僕がやってしまったことなんですが、買取業者の方にはプラス査定にはならないんで、次に車を売る時にはやらないほうがいいですよ!と言われたことなんです。

 

つまり、タイヤやバッテリーなどの消耗品関係については、

車を売ると決めてからは交換する必要など全くないのです!

 

当然、古いタイヤやバッテリーよりも新しいタイヤやバッテリーの車のほうが多少は査定金額も高くはなるようですが、

交換に要した費用ほど高く売れるというということはないようなんで、やればやるだけ損してしまうということなんです。

今日は車の消耗品関係についてお話しましたけれども、これから車を売るという方や、既に車を買い替える予定だという方は、くれぐれも損することのないように、是非新たに交換などせずにそのままで査定してもらうようにしてくださいね!

次回は車を売る前にしてはいけないことシリーズとして、傷のある車の塗装をしたほうがいいのかどうか?についてお話したいと思いますので、楽しみしていてください!

それではまた!